PHOTO-Series 連成解析

PHOTO-Series 連成版

これまで比較的操作手順の多かった連成解析を使い勝手の良い、そして精度良く解析できるシステムを提供することで、連成解析のハードルをさげ、より多くのお客様にご利用いただくことを目的に開発されました。

磁場・熱連成システム PHOTO EDDYjωとTHERMOの連成

▼ 誘導過熱による歯車の焼入れの例

モジュール構成

●EDDYjω:2次元・軸対称及び3次元モジュール
●THERMO:2次元・軸対称及び3次元モジュール

機能

■ 有限要素法を採用しています。
■ 動磁場解析(EDDYjω)と熱伝導解析(THERMO)がセットになった磁場-熱連成解析用専用モジュールです。
■ 熱伝導解析における各時刻ステップにおいて、比透磁率および電気伝導率の温度依存性を考慮する解析が可能です。(強連成)
■ 熱伝導解析の最初の時刻できまった発熱密度のみ使用することも可能です。(弱連成)
■ 熱伝導率・比熱の温度依存性を取り扱うことができます。
■ 物性ごとの発熱総量[W]を出力することができます。
■ EDDYjω、THERMOそれぞれ単独で使用することも可能です。

特徴

■ EDDYjωとTHERMOが一体となっているため発熱密度の受け渡しがファイルを介さず自動で実施されます。
■ Windows以外にも、Linuxで動作します。
■ PHOTOシリーズ専用プリポストと一体型になっているため、データ作成から解析そして結果処理が一連の操作として行えます。
■ ICCG法を使っていますので、計算が速くパソコンでの解析が可能です。
■ 有限要素法を使っているので、解が安定し、初心者でも安心して使えます。

サポート

ご購入後1年間は無償保証期間です。この期間中には質問対応及び最新のソフトウェアが入手でき、安心してご使用いただけるよう、経験豊富な弊社スタッフがサポート致します。次年度以降は任意で保守契約を結んで頂くことより、これらの保守サービスをご継続頂けます。

適用分野

磁場による発熱が問題となる分野。
誘導加熱、電子調理器(IH調理器)、焼き入れ、誘導炉など。

[解析事例のページ]
・誘導加熱による歯車の焼入れ(比透磁率の温度依存性を考慮)
・円筒導体の誘導加熱解析(運動を考慮)
・鉄板の誘導加熱解析(磁場と熱の連成解析)
・誘導加熱の解析
・誘導炉の誘導加熱解析[電気伝導率の温度依存性]
・IH定着器の誘導加熱解析
 解析事例集のトップページ

[関連するページ]
 解析あれこれ (誘導加熱の磁界シミュレーション)

[各ソフトウェアの製品情報のページ]
 動磁場(渦電流)解析ソフトウェア PHOTO-EDDYjω
 熱伝導解析ソフトウェア PHOTO-THERMO

お問い合わせ・資料請求はこちら

先頭へ戻る