PHOTO-Series 動磁場解析(運動及び運動方程式)

MOTION

- 運動を考慮した、有限要素法による2次元・軸対称及び 3次元動磁場過渡応答解析(動磁界シミュレータ) - 
 専用プリ・ポスト一体型対応

▼モータの解析例(2次元:磁力線図)

▼モータの解析例(3次元:磁場ベクトル図)

▼誘導機の解析例

モジュール構成

● MOTION : 2次元・軸対称及び3次元用モジュール

機能

このモジュールは、PHOTO-EDDYの全機能を継承しつつ下記の機能を持っています。
■ 空気領域のメッシュを物体の運動に合わせて動かすことにより、スライドインターフェースでは扱えないような運動(メッシュ変形移動)を取り扱うことが出来ます。
■ 運動方程式を考慮した解析機能があります。

特徴

■ PHOTOシリーズ専用プリ・ポストと一体型となっているため、データ作成から解析、そして結果処理が一連の操作として行えます。
■ 他のPHOTOシリーズモジュールと一体化しているので、たとえば、電磁場解析(電磁界解析)によって求まった発熱から、温度分布を求めるような連成解析が簡単に出来ます。
■ エッジエレメント法及びICCG法の併用により画期的な高速化が達成されています。(従来の有限要素法の数十倍)。
■ 有限要素法を使っているので解が安定し、初心者でも安心して使えます。
■2次元、軸対称、3次元問題におけるスライドインターフェイスを取り入れることにより、物体の運動を簡単に取り扱うことができます。
■ 電磁力による物体の運動を、運動方程式を解くことにより時々刻々と求めることができます。

サポート

ご購入後1年間は無償保証期間です。この期間中には質問対応及び最新のソフトウェアが入手でき、安心してご使用いただけるよう、経験豊富な弊社スタッフがサポート致します。次年度以降は任意で保守契約を結んで頂くことより、これらの保守サービスをご継続頂けます。

適用分野

運動を伴う磁場(磁界)の計算が必要となる分野。誘導機等モータ、リニアモータ、アクチュエータ、磁気ヘッド、非破壊検査(渦流探傷)など。

[解析事例]
ヒンジ形電磁リレーの解析事例 /  解析事例集のトップページ

お問い合わせ・資料請求はこちら

先頭へ戻る