PHOTO-Series 動磁場(渦電流)解析

EDDY

- 有限要素法による動磁場の過渡応答解析ソフト(磁界シミュレータ) - 専用プリ・ポスト一体型

▼ 磁性体の磁束密度分布及び電流密度分布の解析例

モジュール構成

● EDDY  :  2次元・軸対称及び3次元用モジュール

機能

●概要
 ・有限要素法による磁場解析ソフトウェア(磁界シミュレータ)で、静解析及び過渡応答解析をおこないます。
 ・3次元・2次元及び軸対称問題を扱うことが出来ます。

●材料特性
 ・透磁率の線形、非線形、異方性が考慮できます。
 ・電気伝導率の線形、異方性を考慮した解析ができます。
 ・透磁率と電気伝導率の温度依存性が考慮できます。(3次元)
 ・ヒステリシスモデルの組込みができます。

●入力
 ・永久磁石及び電流が使用できます。
 ・電流の自動入力機能及び電圧入力機能があります。(3次元)
 ・正弦波、矩形波、パルスなど任意波形が入力できます。
 ・外部回路網を接続した解析が可能です。

●出力
 ・解析結果として、磁束密度、渦電流分布及び電磁力などが得られます。
 ・電磁エネルギーの計算により、コイルの自己及び相互インダクタンスの評価が出来ます。
 ・閉曲線を指定することによってその中を通過する磁束を計算します。
 ・出力される解析結果の種類を制御することができます。
 ・コンター図、ベクトル図の可視化ができます。
 ・数値データの出力ができます。

●解析
 ・磁性体や電流に働く電磁力をマックスウェルの応力、ローレンツ力及び節点力法によって計算します。
 ・スライドインターフェースにより、互いに運動する物体を取り扱うことが出来ます。
 ・ヒステリシス曲線を定義することにより着磁解析が出来ます。
 ・変動磁場内の導体に生ずる渦電流を考慮した解析が出来ます。
 ・一次側電流の表皮効果の影響を考慮できます。
 ・リスタート機能。
 ・複数のファイルを読み込んでの連続実行が可能です。
 ・外場機能により、磁石やコイルの移動が簡単にできます。
 ・共有メモリ型の並列計算機能が使用できます。
 ・超伝導体の解析ができます。自由度の高い超伝導体特性入力が搭載されています。
 ・表皮層作成機能により、表皮メッシュが簡単に作成できます。

特徴

■ PHOTOシリーズ専用プリ・ポストと一体型となっているため、データ作成から解析、そして結果処理が一連の操作として行えます。
■ 他のPHOTOシリーズモジュールと一体化しているので、たとえば、電磁場解析によって求まった発熱から、温度分布を求めるような連成解析が簡単に出来ます。
■ エッジエレメント法及び ICCG 法の併用により画期的な高速化が達成されています(従来の有限要素法の数十倍)。
■ 有限要素法を使っているので解が安定し、初心者でも安心して使えます。
■ 熱伝導解析ソフト PHOTO-THERMO と連成すれば、導体内のジュール発熱から温度分布の計算をすることが出来ます。

サポート

ご購入後1年間は無償保証期間です。この期間中には質問対応及び最新のソフトウェアが入手でき、安心してご使用いただけるよう、経験豊富な弊社スタッフがサポート致します。次年度以降は任意で保守契約を結んで頂くことより、これらの保守サービスをご継続頂けます。

適用分野

渦電流の関与する現象のシミュレーションが必要となる分野。リニアモータ、磁気ヘッド、非破壊検査(渦流探傷)、誘導加熱、自由電子レーザ、誘導機、RFID関連など。

[解析事例のページ]
・プランジャモデルにおける電磁力の計算 
・薄膜ヘッドの解析(SRC解析モデル)
・クローポール形モータのコギングトルク解析 
・アクチュエータの電磁力解析 
・ヒステリシスを考慮した磁界シミュレーション
・臨界状態モデルを考慮した超伝導体の磁場解析
・渦電流に働くローレンツ力[電磁力解析]
・誘導電動機の磁界解析
 解析事例集のトップページ

お問い合わせ・資料請求はこちら

先頭へ戻る

EDDYjω

- 有限要素法による動磁場の周波数応答解析ソフト(磁界シミュレータ) - 専用プリ・ポスト一体型対応

▼ IH定着器の3次元渦電流解析の例 詳しく読む->

モジュール構成

● EDDYjω  :  2次元・軸対称及び3次元用モジュール

機能

●概要
 ・有限要素法の磁場解析ソフトウェア(磁界シミュレータ)で、周波数応答解析をおこないます。
 ・3次元、2次元及び軸対称問題を扱うことが出来ます。

●材料特性
 ・透磁率の線形、非線形、異方性が考慮できます。
 ・電気伝導率の線形、非線形を考慮した解析ができます。
 ・透磁率と電気伝導率の温度依存性が考慮できます。

●入力
 ・複数の位相の異なる電流の入力が出来ます。
 ・電流の自動入力機能及び電圧入力機能があります。(3次元)
 ・外部回路網を接続した解析が可能です。

●出力
 ・解析結果として、磁束密度、渦電流分布などがそれぞれ実部及び虚部の成分として得られます。
 ・ローレンツ力が出力されます。
 ・出力される解析結果の種類を制御することができます。
 ・コンター図、ベクトル図の可視化ができます。
 ・数値データの出力ができます。

●解析
 ・変動磁場内の導体に生ずる渦電流を考慮した解析ができます。
 ・スライドインタフェースにより、互いに運動する物体を取り扱うことが出来ます。
 ・PHOTO-EDDYによる非線形磁場解析の結果得られるファイルの透磁率を使い、
                        磁化特性の非線形を考慮した解析が出来ます。
 ・一次側電流の表皮効果の影響を考慮できます。
 ・外場機能により、磁石やコイルの移動が簡単にできます。
 ・共有メモリ型の並列計算機能が使用できます。
 ・表皮層作成機能により、表皮メッシュが簡単に作成できます。

特徴

■ PHOTOシリーズ専用プリ・ポストと一体型となっているため、データ作成から解析、そして結果処理が一連の操作として行えます。
■ 他のPHOTOシリーズモジュールと一体化しているので、たとえば、電磁場解析によって求まった発熱から、温度分布を求めるような連成解析が簡単に出来ます。
■ エッジエレメント法及び ICCG 法の併用により画期的な高速化が達成されています(従来の有限要素法の数十倍)。
■ 正弦波入力でなおかつ線形近似が成り立つ場合、時間ステップをおって計算しなくても一回の計算で結果が得られます。
■ 有限要素法を使っているので解が安定し、初心者でも安心して使えます。
■ 熱伝導解析、応力解析、及び流体解析との連成計算が容易です。

サポート

ご購入後1年間は無償保証期間です。この期間中には質問対応及び最新のソフトウェアが入手でき、安心してご使用いただけるよう、経験豊富な弊社スタッフがサポート致します。次年度以降は任意で保守契約を結んで頂くことより、これらの保守サービスをご継続頂けます。

適用分野

渦電流の関与する現象のシミュレーションが必要となる分野。リニアモータ、磁気ヘッド、非破壊検査(渦流探傷)、誘導加熱、自由電子レーザ、誘導機、RFID関連など。

[解析事例のページ]
・外場機能を用いたRFIDカードの磁性シートの効果に関する解析
・鉄板の誘導加熱解析(磁場と熱の連成解析)
・誘導加熱の解析(溶接)
・外場併用法を用いた渦流探傷(非破壊検査)
・誘導加熱による歯車の焼入れ(発熱解析時に使用)
・円筒導体の誘導加熱解析(発熱解析時に使用)
・ワイヤレス給電(電磁誘導方式)の電磁界シミュレーション
・ケーブル素線の近接効果[磁場解析]
・磁気シールドの周波数応答動磁場解析
・誘導炉の誘導加熱解析[電気伝導率の温度依存性]
・IH定着器の誘導加熱解析
 解析事例集のトップページ

[関連するページ]
・光台通信13 (渦流探傷の解析例)
・解析あれこれ (誘導加熱の磁界シミュレーション)

お問い合わせ・資料請求はこちら

先頭へ戻る

 

EDDYTM

- 空間メッシュ不要な3次元動磁場周波数応答解析ソフト(磁界シミュレータ) -

▼ トーラス上の電流分布(空間メッシュ不要)の解析例

モジュール構成

● EDDYTM  :  3次元用モジュール

機能

■ 有限要素法と解析的な手法を併用した3次元磁場解析ソフト(磁界シミュレータ)で、周波数応答解析をおこないます。
■ 磁性体が無く、導体のみが存在する場合の解析をおこないます。
■ 真空中のメッシュがいりません。
■ 導体表面の境界条件は自動作成されるため、境界条件の設定は必要ありません。
■ 強制電流は、各入力面及び出力面毎に電流値として与えます。従って、入手出力面における電流分布は指定しなくても自動的に決まります。
■ コイルの自己インダクタンスの計算が出来ます。

特徴

■ エッジエレメント法による有限要素法と解析手法との併用により導体のみを解析領域とすることが出来、真空中のメッシュは不要です。
■ ICCG 法の使用により画期的な高速化が達成されており、パソコンによる解析が可能です。
■ 基本的な解析手法は有限要素法なので解が安定し、初心者でも安心して使えます。
■ 熱伝導解析、応力解析、及び流体解析との連成計算が容易です。

サポート

ご購入後1年間は無償保証期間です。この期間中には質問対応及び最新のソフトウェアが入手でき、安心してご使用いただけるよう、経験豊富な弊社スタッフがサポート致します。次年度以降は任意で保守契約を結んで頂くことより、これらの保守サービスをご継続頂けます。

適用分野

複雑な形状の導体を流れる電流分布、及びインダクタンスの計算が必要となる分野。回路素子の設計、非破壊検査(渦流探傷)、など。

[解析事例]
導体間のインダクタンスの解析(2本の導体の間に流れる渦電流の解析例) 解析事例集のトップページ

お問い合わせ・資料請求はこちら

先頭へ戻る