連成解析 円筒導体の誘導加熱解析

概 要

円筒導体を移動させ、誘導加熱によって、導体全体を加熱する事例です。
交流電源に接続されたコイルの中心を通過することにより、導体表面に渦電流が流れ、発熱します。 表面から温度が上昇し、内部に熱が伝導します。
このモデルは軸対称形状のため、2次元軸対称解析で解析可能です。従って、プレート要素を使用します。
円筒導体内部の発熱分布・温度分布を把握するには有限要素法による磁場-熱連成解析が有効です。


解析結果


           図2.結果図 発熱密度分布[W/m^3]






           図3.温度分布アニメーション[度]

使用したソフトウェア

関連するページ