【解析事例】 熱伝導解析

熱伝導解析 円管の熱伝導解析(理論解比較)

概 要

熱伝導解析ソフトウェアPHOTO-THERMOは電磁場解析から得られる発熱密度を使った連成解析だけでなく、単独でも使用できます。

今回は熱伝導解析で使用される境界条件に着目し、理論解とシミュレーション結果を比較した解析事例をご紹介致します。

本事例では図1−1のような円管モデルを使用致しました。


             図1−1.円管 概要図

以下の3条件について、熱伝導解析を実施致しました。

 1.定温度境界条件
 2.発熱密度
 3.熱伝達境界条件

どれも、理論解が得られますので、解析結果と比較することにより、プログラムの妥当性をご評価頂けます。

1.定温度境界条件


     図2−1.メッシュ図及び解析条件(1/4モデル)



           図2−2.温度分布[度] コンター図


図2−3に径方向と温度の関係を示します。理論解とシミュレーション結果を比較します。



           図2−3.温度の理論解比較

2.発熱密度


     図3−1.メッシュ図及び解析条件(1/4モデル)



           図3−2.温度分布[度] コンター図


図3−3に径方向と温度の関係を示します。理論解とシミュレーション結果を比較します。



           図3−3.温度の理論解比較

3.熱伝達境界条件


     図4−1.メッシュ図及び解析条件(1/4モデル)



           図4−2.温度分布[度] コンター図


図4−3に径方向と温度の関係を示します。理論解とシミュレーション結果を比較します。



           図4−3.温度の理論解比較

使用したソフトウェア