電磁波解析 電子レンジの電磁界解析

概 要

図1−1に電子レンジの概要図を示します。


            図1−1.概要図(電子レンジ)


導波管を接続し、電場を入力しました。

電子レンジ内には食品に見立てた円筒形状の誘電体を配置しています。

電磁波解析ソフトウェアPHOTO-WAVEjωを使用し、電場分布及び発熱分布を示します。

本事例では発熱分布までの解析になりますが、この発熱分布を熱伝導解析ソフトウェアPHOTO-THERMOと連成することができます。

図1−2にメッシュ図を示します。


              図1−2.メッシュ図


対称性から1/2モデルとしました。

周波数は2.45[GHz]です。

メッシュサイズは波長を考慮して、決定しています。

特に誘電体内部は波長が短くなるため、空気領域に比べて、メッシュが細かくなっています。

電子レンジの筐体は完全導体とし、対称境界条件で模擬しました。

表1−1に物性値を示します。

              表1−1.物性値
           
         εr:比誘電率の実部 εi:比誘電率の虚部
         μr:比透磁率の実部 μi:比透磁率の虚部


解析結果



          図2−1.電場分布[V/m] 実部


          図2−2.電場分布[V/m] 虚部


          図2−3.電場分布[V/m] 絶対値


      図2−4.発熱密度分布[W/m^3](入力電場1[V/m]のとき)


        図2−5.電場分布[V/m] アニメーション

使用したソフトウェア