【解析事例】 弾性応力解析

弾性応力解析 弾性体の応力解析

解析の概要

応力解析の例として、釣鐘形状の弾性体の応力解析の例を示します。解析モデルを図2-1に示します。節点数は2271で、要素数は1400です。

            図2-1. メッシュ分割図

解析条件

ヤング率 1.523×1011 Pa
ポアッソン比 0.27
横弾性係数 6×1010 Pa
質量密度 7860 kgm-3

入力条件

図2-1に示されるように解析対象の対称面のある節点の位置において釣鐘の内部に向かう向きに1000Nの力が加えられ、周波数500Hzで加振されます。

解析結果

PHOTO-ELASjωモジュールによる応力解析の結果、以下に示すような応力分布(図2-2参照)及び変位の分布(図2-3及び図2-4参照)が得られました。


図2-2. 応力分布(フォン・ミ・ゼス応力の分布)

図2-3. 変位の分布

図2-4. 変位の分布
(図2-3に示されたものを下から見た図)

図2-5. 変位の分布
(ベクトル図)