動磁場解析(渦電流) 磁気シールドの周波数応答動磁場解析

概 要

本ページでは磁気シールドの磁場解析の事例をご紹介致します。シールドの外側にコイルを配置し、内部の磁場を計算します。

解析モデルは電気学会調査専門委員会にて提案されている「Box shield model」[1]を使用しました。(物性値や電流値は変更しています。)

コイルは外場コイルを使用致しました。解析モデルは対称性から1/8モデルとしました。

解析タイプは周波数応答動磁場解析です。今回は動磁場解析を適用し、渦電流を考慮した解析内容になっています。

シールドは線形材料としました。

メッシュは解析事例「 磁気シールドの非線形静磁場解析 -> 」と同じです。

使用ソフトウェア:PHOTO-EDDYjω

           
            図1−1.概要図 表示用のカットモデル

    
              図1−2.メッシュ図 全体

図1−3に1/8モデルの磁気シールドと上側のコイルのメッシュ分割図を示します。

    
           図1−3.メッシュ図 磁気シールドとコイル

コイルは外場コイルでモデル化しました。磁気シールドは1/8モデルですが、外場コイルは1/1モデルにする必要あります。

       
                 図1−4.電流値

解析結果


          図2−1.磁束密度[T] 実部 コンター図



        図2−2.磁束密度[T] 実部 コンター図 拡大図



          図2−3.磁束密度[T] 虚部 コンター図



        図2−4.磁束密度[T] 虚部 コンター図 拡大図



          図2−5.渦電流[A/m^2] 実部 コンター図



        図2−6.渦電流[A/m^2] 実部 コンター図 拡大図



          図2−7.渦電流[A/m^2] 虚部 コンター図



        図2−8.渦電流[A/m^2] 虚部 コンター図 拡大図



        図2−9.グラフ 位置と磁束密度[T] Z成分

参考文献

[1]「実規模電磁界解析のための数値計算技術」第1129号 2008年9月 電気学会技術報告

使用したソフトウェア