静磁場解析 クローポール形モータのコギングトルク解析

概 要

解析対象は下図のようなクローポール形モータです。



下の二つの図に見るように、ロータ部位とステータ部位に分かれ、各々が図のような構造をしています。

予め着磁解析により求まった永久磁石の磁化を取り込み、無負荷状態でロータを回転させ、トルク解析を行います。

回転を伴う解析ですが、PHOTON独自開発の新スライドインターフェースを使用し、ギャップ(ロータとステータ間の隙間) の空気メッシュの再生成なしに解析可能です。



解析結果の例

下図は、磁束密度分布のアニメーションです。



ステータの磁気回路の変化をみることができます。

また、下の図は、各回転角におけるコギングトルクの結果です。

"Nodal"は節点力法によるトルク、"Maxwell"はマクスウェルの応力法によるトルクです。



参考文献
 最新有限要素法による電気・電子機器のCAE
  伊藤昭吉、河瀬順洋共著
  森北出版株式会社