静磁場解析 アクチュエータの解析

概 要

解析対象は下図に示されるアクチュエータです。



磁石と磁性体で構成された駆動子を軸方向に凛[mm]ずらした際に駆動子と固定子間に生じる力の解析を行います。

並進運動の解析にはスライドインターフェース機能を使用します。

使用した解析モジュールはPHOTO−MAGです。

解析結果の例

下のグラフは駆動子の位置を軸方向に変化させた際、駆動子と固定子間にかかる軸方向の電磁力を示します。



"Maxwell"はマクセルの応力法による力、"Nodal"は節点力法による力です。

また、下の図は、磁束密度のアニメーションです。



軸方向の移動に伴い、磁束密度の変化の様子が見られます。